本当にあるの?薄毛治療効果

薬を飲めば体質が改善される

病気の治療として飲み薬の利用があります。いろいろな治療のために研究者が開発をしていて、実際に効果のあるものが国などに認証されます。日本では独自の認証の機関があるため海外の薬がすぐに利用できるわけではないですが、海外で一定の効果がある薬は日本でも認証のための手続きがされます。日本で認証されれば、それ以降日本の医療機関で利用できるようになります。薄毛の治療薬は海外において利用されていました。それなりに効果があるとされていながら日本では使えない時期がありましたが、今は使えます。薬を飲むと、薄毛の原因とされる体のある部分の体質改善が可能になります。毛髪サイクルが元に戻るようになると、少しずつ脱毛が減って、長く成長する毛が増えてきます。

抜け毛を止めて発毛を促進する

薄毛治療において、現在主に行われているのは抜け毛の抑制です。髪の毛の成長サイクルが狂うと、本来伸びるはずの毛が伸びきる前に脱毛します。薬を利用すると、成長サイクルが元に戻り、脱毛を防げるようになります。これによってそれなりに薄毛治療の効果を感じられます。成長サイクルが元に戻るものの、休止状態になっている毛根を復活させる等までにはいかないのが薬治療の限界になります。薄毛治療にはさらに進化させた治療を行ってくれるところがあります。それが発毛治療です。休止状態の毛根に直接発毛作用のある薬を注入し、毛根の復活を試みます。休止していた毛根が生き返れば、単に脱毛を抑制した治療に比べてより発毛効果を得られるようになります。

男性の薄毛の治療は男性型脱毛に特化した治療のことで、専門のクリニックや薄毛外来のある病院などで受けられるようになっています。